フコイダンの吸収率に着目!分子量に着目し、効率的に結果を追求する方法

フコイダンの吸収率に着目!分子量に着目し、効率的に結果を追求する方法 フコイダンは褐藻類の海藻のぬめりに含まれる成分です。健康にアプローチできる作用もあり近年注目されています。

この記事ではフコイダンの分子量に着目し、分子量による効果の違いについて解説します。

フコイダンの特徴を知り、フコイダンを取り入れるためにはどうしたら良いのか、効率的にフコイダンの健康パワーを手に入れるための方法を紹介します。

フコイダンの健康パワーを効率的に活用するには?

フコイダンの健康パワーを効率的に活用するには? フコイダンは海藻に含まれている天然由来の成分で、食物繊維の一種です。フコースと言われる糖とぬめり成分である硫酸基が結合し、連結している多糖のものをフコイダンと呼んでいます。

フコイダンは自然の状態だと分子量が大きく、小腸からの吸収は難しいのですが、吸収が容易な低分子〜中分子のフコイダンは自然界に存在しません。

低分子〜中分子と呼ばれるフコイダンは体内へ吸収しやすくするために、人工的に構造を細かく加工したものです。

ですので、モズクなどの海藻をただ食べるだけでは体への吸収は期待できません。ではどうしたら効率的にフコイダンの健康パワーを取り入れることができるのか解説します。

フコイダンは大きさ(分子量)により期待できる効果はさまざま



フコイダンは大きさ(分子量)により期待できる効果はさまざま フコイダンは分子量によって体へ吸収される量が異なります。それぞれの平均分子量をまとめました。

高分子 中分子 低分子
平均分子量 200,000〜300,000 1,000〜10,000 1,000未満
フコイダンの分子量は大きいほど体への吸収が難しくなります。高分子であるほど、フコイダンそのものの効果は期待できますが、体への吸収が難しく健康パワーを享受するのは難しくなるのです。

それぞれの分子量ごとの特徴を詳しく見ていきましょう。

高分子フコイダンの特徴

フコイダンは多くのフコースや硫酸基を含んでいます。基本的にフコイダンは高分子。

体内に吸収できれば健康パワーを得ることができますが、小腸から吸収するには分子が大きすぎるためほんの一部しか吸収されません。

高分子フコイダンを摂取しても十分な健康パワーを得ることは難しいのです。
>>高分子フコイダンについて詳しくはこちら

低分子フコイダンの特徴

よくある低分子フコイダンと呼ばれるものは500以下のものがほとんどで、吸収率を高めるために分子量を少なくして分解されています。

低分子フコイダンは吸収率だけをみると魅力的な数値が得られるようです。しかしフコイダンそのものからみると分子量が小さくなり、分解されてしまっているので本来の健康パワーから遠ざかっている実態もあります。

中分子フコイダンの特徴

中分子フコイダンは低分子フコイダンと違い、ある程度のフコースや硫酸基が結合した状態を保てています。

しかし高分子のように分子量(サイズ)は多くないので、腸管での吸収も十分可能。中分子フコイダンは、高分子と低分子の良いところを合わせ持った理想的なフコイダンと言えるでしょう。
>>フコイダン選びに迷っている方はこちら

吸収率から考えると選びたいのは「低分子」

吸収率だけを考えると、選びたいのは低分子です。しかし吸収率は高くなりますが、フコイダンとして特徴となるパワーを期待するなら十分な効果が期待できません。

分子量が500以下であればフコース(フコイダンの構成成分)が少なく、フコイダンの健康パワーにつながる複数必要な糖や硫酸基も分解されています。

分子量が少ないものはフコースが2〜3個しかなく硫酸基が結合していないため、フコイダンとは言い難いです。

腸管でパワーの発揮を狙いたいなら「高分子」

高分子フコイダンは腸管での吸収率が低いのが特徴です。腸管での吸収が乏しいので、取り入れることは難しいですが、デメリットばかりではありません。

腸管に存在するパイエル板で高分子のまま吸収されることで、免疫活性化し効果を発揮してくれます。

一挙両得!どっちもいいとこどりしたいなら「中分子」

高分子も低分子もメリット・デメリットがあります。そこで、両方のいいところを合わせ持ったものが『中分子フコイダン』です。

中分子フコイダンは、高分子より吸収率を良くしつつも低分子よりも安定した構造をしているため十分な健康パワーが期待できます。

分子量を保てる最小の分子構造が分解されていないので吸収率もよく、効果的に得られる理想的な分子量です。

取り入れやすい方法でフコイダンの健康パワーを手に入れる

取り入れやすい方法でフコイダンの健康パワーを手に入れる毎日フコイダンを取り入れるには、サプリメントや食材から取り入れる習慣を作ってみましょう。しかしただモズクなどの海藻を食べるだけでは健康パワーを得ることができないフコイダン。
では効率的にフコイダンを取り入れるにはどうしたら良いのでしょうか?

それぞれのフコイダン分子量の特徴を捉えて、自分で取り入れやすい物を選ぶようにしましょう。

取り入れやすいのは「高分子」

高分子フコイダンは、海藻に含まれています。日常的に食事に海藻を使用した料理を一品増やすのは手軽に摂取できる方法と言えそうです。

しかし海藻を毎日食べていても、健康パワーに必要な量のフコイダンを摂取することはできません。

モズクなどの海藻は食事として取り入れやすいですが、吸収率を考えるとフコイダンパワーの享受は難しいでしょう。

サプリメントなどで手軽に取れる「低分子」

吸収率を考え、近年では分子を少なくした低分子フコイダンをサプリメントにした商品が出ています。

サプリメントであれば、手軽に始められるでしょう。しかし低分子フコイダンは分子量が少なく分子構造も異なっています。

吸収率はよいものの、本来のフコイダンの効果を得るには期待薄です。さらにサプリメントには有機物である重金属類やヨード、ヒ素が抽出の段階で含まれていることもあります。

サプリメントは手軽に取り入れることができますが、低分子化されたフコイダンが使用されているので効率的とは言えません。

加工が難しく高価だが健康パワーと吸収率は抜群の「中分子」

フコイダンの吸収効率と体内での健康パワーをどのようにクリアするかに焦点を置き、研究により開発されたのが「中分子フコイダン」です。

フコイダンを効率的に吸収し、分子構造を崩すことなく効果が期待できる分子量を形にできました。

中分子フコイダンは加工が難しく価格が高いため、なかなか取り入れるのには躊躇してしまいます。

しかしできるだけ短時間でフコイダンの健康パワーを効率よくしっかりと享受したいなら中分子がおすすめ。

結果としてだらだらと飲み続ける他のフコイダン製品にかかるお金よりも安くなっていることも少なくないのです。
>>中分子フコイダンについて詳しくはこちら

まとめ

フコイダンの分子量によって、体への吸収率や体内での健康パワー発揮力が異なっていることについて解説しました。

効率的に健康パワーを享受するために、フコイダンを取り入れる際の押さえておきたいポイントは

  • フコイダンの分子量は中分子がおすすめ
  • 分子量の違いから見るメリット・デメリット
  • 日常生活で取り入れられるフコイダンの摂取方法
の3つです。毎日の生活で取り入れやすい方法でフコイダンを摂取して、毎日はつらつとした健康な生活を手に入れましょう。